田之久

 

               

むかし、あるところに、田之久(たのきゅう)というたいへん親孝行な息子が、母親と二人で暮らしておりました。 この田之久は、なかなか芝居上手で、田の仕事がおわると、近在の村々から頼まれて、芝居をしておりました。 それはある年の、秋のことでした。

芝居を頼まれて、峠の向こうの村へ出かけて行きましたが、「母親が急病」との知らせを受けましたので、田之久は、びっくりして、山道を急いで帰ってゆきました。

 ところが峠のふもとの村で、日が暮れそうになりました。村の人たちは、

「峠の夜道は、せんこてやぞ(しないこと)、 大蛇が峠にすんでいて、呑まれてしまうぞ。」と言って止めましたが、母親思いの田之久はどんどん峠越えをしておりましたが、日もとっぷり暮れてしまいました。

「さーて、こりゃどこぞ泊まるとこは、ないかのう。」とあたりを見回すと、小さな炭小屋がありましたので、田之久はそこへ入って寝てしまいました。

そうすると、真夜中のことです。

「こら、起きろ。こげんなところで、寝てるやつは何もんだ。」と、大声でどなる者がありました。 田之久はびっくりしてはね起きてみますと、そこには白い髭をはやした(じっ)さが、立っていました。

「おらあ、峠の向こうの村の、田之久っていうもんだ。」

「フーン、何じゃとっ? 人間かと思ったら、お前は狸か。」

「なら、そういうお前は誰だ。」

「わしはこの山に住む大蛇だ。お前がほんまの狸なら、一つ化けて見され。」

「よし、ええとも。」田之久は大蛇が、自分を狸と間違えているのを、いいことにして、背負っていた荷物から芝居に使うかつらやお面を取り出して、それをつけて化けてやろう。

「では、おらが化けてやる。さあ、いいというまで、あっちを向いていれや。」

「よしきた。」田之久はまず、かつらをかぶって、女のお面をつけ、女になって見せました。大蛇はこれを見ると、

「ウーン、なるほど・・・。さすが狸だけあって、うめえもんだ。こりゃわしも、かなわん。」とたいへんに感心してしまいましたが、

「なあ、狸。お前は世の中でなにがいちばん嫌いだ。」

「おら、小判が何というても嫌いじゃ。そんなら大蛇は、何がいちばん嫌いかの」

「そうだのう、タバコのやにだ。だが、人間どもには決して聞かせんなよ。」

「うん、承知した。」と田之久が返事をすると爺さはどこかへ、消えてしまいました。

田之久は大急ぎで、峠をおり村へ帰りつき、村の人にこの話をして、母の看病に当たりました。 これを聞いた村の人たちは、

「さあ、あの憎い峠の大蛇を、退治しろや。」と言って、村中のタバコのやにを集めて、それを大蛇のいるところへ持って行って、投げつけました。

大蛇はこれには、大あわてにあわてて、逃げ出してしまいました。そして、

「さては、あの狸のやつめ・・・。」 と田之久の家へやって来ますと、高窓から大きな声で、

「こら、狸めえ。 あげんに人間に言うなと言ったのに、よくもしゃべったな。もう勘弁がならん。 そーら、これでも食らえ。」と言って、小判のはいった箱を、ガラガラッと投げこみました。

田之久はびっくりして、これを代官さまに届けますと、代官さまは、

「それはお前がたいへんに親孝行だすけ、神さまがお授け下さったもんだ。このお金は、お前のものだ。」と田之久に下されました。

そのおかげで、田之久は、母親といつまでも安楽に、暮らすことが出来たということです。

                           完

                      日本の民話  とんち話より

                      鞄血社刊